第15回東莞和僑会交流会:議事録

FacebookTwitterGoogle+MixiYahoo BookmarksHatenaEvernoteSina WeiboQQ共有

■会長からの趣旨説明

  • 東莞和僑会定例会は、講演会や工場見学を開催して来たが、ネタ切れとなり、継続が難しくなって来た。
  • 自社工場を見せても良いと言ってくださる志しの高い経営者がなかなかいなくて、工場見学を継続開催するのが難しい。
  • セミナーは講師に支払う謝礼が高くつく。
  • 外からセミナー講師を呼んで来るのではなく、参加者相互に語り合う、地べたに足の着いた活動を行っていきたい。

  • 今回は、参加者が困っていること、東莞和僑会に期待することなどを語り合い、今後の方向性を考えたい。

■会員からの意見・提案等(無記名・順不同・敬称略)

  • 開催の半分くらいは人集めの為にもイベントが必要ではないか
  • 商社などが求めることは、人脈・ビジネスチャンス。そんな中で工場見学等があるとビジネスに結び付きやすい。
  • 情報収集が目的。
  • ローカルの工場はどこもきたいない。部下には棚やロッカーなどの管理を徹底
  • 東莞はものつくりに特化している
  • 日本人の友人・知人が少ない。その輪を広げることが今後一番の期待。
  • 日本語の勉強(中国人参加者)
  • 日本人一人なので工場の運営や品質管理等を勉強したい
  • 社長をその気にさせる方法は(品質管理や経営など)?
  • 中国の会社と日本人の感覚のギャップに悩む。今一番活用するのは日系のお客様からのクレーム。このクレームを利用し、日本人の感覚を説明している。
  • 中国顧客からはクレームが少ない。ただ日系顧客の要求レベルに合わせるようにしており、中国顧客のみでは利率はいいが、工場の品質レベルがダメになると思っている。
  • 中国人はバラバラでまとまらない。横の繋がりがない。そこをどう見える化しコンセンサスを取っていくか、いわゆる共通化をどのように図っていくか?
  • 工場の中に村がある。そこを防いでどのように共通化を図っていくかが鍵と思っている。
  • 対日本への売上げはゼロにする(円安のために、日本向け出荷の利益が確保出来なくなった)
  • 10元均一は高い!日本語が書いてあるが日本向けではなく中国向け
  • 中国企業は成果が出ないと切られる
  • 見える化・5S⇒整理整頓、工場より宿舎回りにごみが多いところからゴミ拾いをした。
  • 食堂の食べ散らかしが一番困っている。
  • ERPシステムがあるのに、生産計画が立てられない。⇒無理に突っ込む⇒置く場所がなくなる⇒どうする?
  • 受注から出荷まで72時間対応が理想。しかしそもそも生産計画の概念がない。
  • 我社では寮は比較的きれい。自分のところは比較的きれいで、外は関係ない?
  • 工場の従業員が使うトイレを見ると従業員のしつけのレベルがわかる。
  • ゴミ拾い⇒掃除のおばちゃんのしごろがなくなるという反対理由
  • 今の中国人の美に関する意識は変わったと思う。
  • こういう集まりはセミナーより飲み会の方がコミュニケーションは活発
  • 防犯関係の商品は政府の許可が必要。日系が中国でビジネスをどうやって行くか、どのように拡大していくか目下課題。
  • 定着率を良くしていくためには?
  • ルールを守らないことについて従業員とディスカッションしてみた。
  • カデゴリーやその人の性格によっても違う。
  • 社員の成長が最近遅く感じる⇒知識を求めすぎ?実行をしてくれない。
  • 物事に対し境目は何か、違いは何かを考える習慣をつけることが大切
  • 中国の内地の人事制度についてアンケートをしてみた⇒情報が必要な人は連絡を
  • 日本企業が聞くアンケートは上司に見られると感じて80%あてにならない。中国企業がアンケート取ったほうが正確
  • 日本で平成生まれの若者にアンケート⇒一番多い意見はチャンスがない事。
  • 何を成長というか?
  • 総経理が日本人⇒あり方を研究するべき(日系企業は、幹部候補生の上昇空間が狭い)
  • 習慣の違いにより差はある⇒社内の企業文化を見つける
  • 企業文化を持たない限り、工場をまとめていくことはできない。
  • 企業文化が場のエネルギーを作る
  • 「改善気付きメモ」を運用している⇒管理者が必ず回答する仕組みを運用
  • 部門交流会を実施している⇒不平不満が多くあるが、議長を管理部にして対策するスケジュール迄管理させている。
  • 5S~しつけ⇒中国語で翻訳すると素養となる。日本語のしつけとは一致しない。
  • 大切なのは組長・班長など上司のレベル次第
  • おむすび理論(「手元化」をどう中国語で表現したら良いかと言う話題で)
  • 食堂に布巾とボールを置く⇒自主性がでて綺麗になる
  • お客様のど真ん中に行ってもダメ⇒違うところで勝負
  • 基礎(人材)をうまくすれば売れる?⇒営業が足りない
  • 日本は販売チャンネルが見えている。アジアは販売チャンネル構築がまず必要。
  • B→Bのビジネスは開発元を開拓することが肝心
  • フォルクスワーゲンは2005年から開発を中国で行っている。トヨタ・ホンダは2010年から。この差が中国市場における販売数の差になっている。
  • 演劇を利用した行動変容研修を開発した⇒しつけ=部下に伝える事。ルールを教える事。その教育を目的にする。
  • 運命共同体を如何に作るか?
  • 習慣を変えなければならない。(人の本質は変わらない。行動が違うのは、人が育った環境・習慣が違うから。好ましい行動を促進するためには、習慣を変えれば良い)

以上

林@クオリティマインド の紹介

中国広東省にて品質改善・経営革新コンサルをしています.
カテゴリー: 議事録   パーマリンク

コメントは受け付けていません。