和僑世界大会オプションツアー:深セン視察

FacebookTwitterGoogle+MixiYahoo BookmarksHatenaEvernoteSina WeiboQQ共有

広東省深セン
「和僑世界大会で香港に行ったついでに、中国華南も視察したい」そんな和僑メンバーの声に、深セン和僑会、東莞和僑会は敏感に反応しました。

11月24日(月)和僑世界大会の翌日に、世界の工場から世界の市場に変貌を遂げつつある深センの視察ツアー「経営者のための一日ピクニック」を計画しました。

午前中二つの工場を訪問、午後二つの商業施設を視察します。

  • 工場訪問1:深セン志専刺繍有限公司
    日本の(株)ジートライは1986年から中国深センで刺繍製品の生産を始めています。既に30年近い社歴があります。同社の最大の強みは、本気の人財育成にあると考えています。
    同社のホームページには、中国人従業員の日本研修日記が公開されています。
    これを見れば、中国人従業員を家族の様に扱っておられるのが良く分かります。
    工場見学とともに、深セン志専刺繍有限公司の経営手法についてお話を聞かせていただきます。
  • 工場訪問2:可宝得環保技術有限公司
    可宝得環保技術有限公司は2002年に、飲料水の生産販売で創業しました。
    元々製造業をしておられた方々が、創業したB to Cビジネスです。
    ゼロから自力で販売チャネルを構築し成長して来られました。
    中国はローコスト生産国から、高消費国にパラダイムシフトをしています。
    既に12年間販売チャネルの構築をされて来た同社の熨斗総経理のお話は、きっと中国でのビジネス展開の参考になるはずです。
  • 昼食:食事をしながら、訪問先経営者様、ご参加者の皆様と交流をしていただきます。
  • 商業施設視察1:深セン海岸城
    深セン海岸城は、深セン市西部でいちばん大きい総合ショッピングセンターです。
    イオン、ブランドショップ、レストラン、映画館、オフィスビルなどが入居しており、敷地面積約30万平米なので、東京ドーム6個分強の広さです。
    中国の中産階級の購買スタイルを観察していただけると思います。

  • 商業施設視察2:深セン華強北電脳城
    怪しい雰囲気の漂う華僑北電脳城。世界中の電子パーツが揃っています。普通の観光客ならば、絶対足を踏み入れないであろう場所を、深セン和僑会、東莞和僑会のメンバーがご案内します。ただ通り過ぎたら分からない「山塞携帯電話」の部品や、怪しげなバッタ物など、世界の工場を支える「部品供給基地」をご覧になれば、中国企業のサプライチェーンの一端をご理解出来るでしょう。
  • 懇親会:夕食をとりながら、参加者の皆さんと交流。
  • 日程:
    11月24日(月)
    09:00 集合(深センシャングリラホテル) バス移動
    10:00 深セン志専刺繍有限公司工場見学
    11:00 可宝得環保技術有限公司工場見学
    12:00 昼食(工場の方もご参加いただき懇談)
    13:00 バス移動
    14:00 深セン海岸城視察
    16:00 深セン華強北電脳城視察
    18:00 懇親会
    20:00 解散
  • 料金:
    視察ツアー:10,000円/600元(お一人様)
         (バス代・昼食を含む)
    懇親会:5,000円/300元(お一人様)
    注:参加者人数により若干左右します。
      懇親会は実績清算(5,000/300元未満の予定)
  • お申し込み・お問い合わせ:
    お申し込み・お問い合わせはここをクリック。

林@クオリティマインド の紹介

中国広東省にて品質改善・経営革新コンサルをしています.
カテゴリー: イベント情報   パーマリンク

コメントは受け付けていません。