第十四回東莞和僑会:告知

FacebookTwitterGoogle+MixiYahoo BookmarksHatenaEvernoteSina WeiboQQ共有

今回は中国工場の経営を10年以上して来られた、富田義彦氏に経営哲学を語っていただきます。

富田氏は、自動車向け部品を生産する東莞パイオラックスを立ち上げ、10年間で顧客を9社から300社以上に伸ばしています。2010年から2014年の4年間で、売り上げは23億円から57億円(2.5倍)に伸びました。ただ規模を追求する経営をした訳ではありません。4年間で従業員は490名から828名(1.7倍)しか増えていません。従って一人当たりの生産性は1.5倍になっています。

従業員がイキイキと働き、企業も業績を上げる。
この様な経営が可能になった秘密は何か?
21世紀型経営者と言われている富田氏にその経営哲学をお話いただきます。

★☆第14回東莞和僑会定例会☆★
テーマ:「今中国で、日本企業がビジネスをするということ!」

講師:富田義彦
日時:2014年9月13日(土)15:00~17:00(14:30受付開始)
              17:30~20:00 懇親会
場所:東莞市茶山鎮茶山大道西28号方中假日酒店、会議室
   会場地図
   深セン-広州高速鉄道・石龍駅のそばです。
   新石龍駅(東莞站)です。百度地図には旧石龍駅しか出ないのでご注意ください。

会費:講演会:150元
   講演会+懇親会:300元

お申込はこちらからお願いいたします。

講師紹介:富田義彦 氏

元 東莞パイオラックス総経理 、 武漢パイオラックス総経理(兼務)

【略歴】
生年月日: 1952年生れ(62才)
最終学歴: 東海大学 工学部 航空宇宙学科(原動機コース専攻)
職業略歴: 
1976年4月~2003年2月 (株)厚木自動車部品(社員6,000人)
     設計部実験課(6年)、海外営業部(8年)、 経営管理部(3年)
     台湾駐在(3.5年・管理部長)、購買部(3年)、人事部(3年)
2003年3月~2014年6月  (株)パイオラックス執行役員
2003年8月~2014年2月  東莞パイオラックス総経理(10年間)
2012年8月~2014年2月  武漢パイオラックス総経理(兼務)

中国駐在のモットー:
  情熱: 年齢に関係なく、情熱(気力)を持って率先垂範する
  忍耐: 仕事面・生活面で忍耐力をつけ、成果を出すことを焦らない
  継続: 会社・社員にとって良いことは、一度始めたら最後まで続ける

林@クオリティマインド の紹介

中国広東省にて品質改善・経営革新コンサルをしています.
カテゴリー: イベント情報   パーマリンク

コメントは受け付けていません。