第十一回東莞和僑会:議事録

FacebookTwitterGoogle+MixiYahoo BookmarksHatenaEvernoteSina WeiboQQ共有

「珠江デルタで近年発生している税関トラブル」

講師:佐伯裕子氏
正銘商務諮詢有限公司

華南地区での日系製造業のビジネス形態の変化に伴い、問い合わせの内容も変化がある。例えば、近年では撤退に関する問い合わせが全体の3~4割に増えて来た。
同様に税関トラブルにも変化が出て来ている。
2004年以前:ほとんどの日系企業が加工貿易であり、免税取引での輸出、転厰がメイン。
2004年~2010年:自動車業界を中心に一般貿易での輸入が増加。
2010年以降:国内市場向けの出荷が増加。
以上の様な製造業の業態の変化に伴い国内販売が増加し、一般貿易(課税輸出入)が増加したため税関トラブルの内容が変化して来た。

四つの生々しい事例から、税関トラブルに対する注意事項の解説をいただいた。

  • 税関は膨大な製品価格データベースを持っている。
    免税輸入の際には、製品単価をいい加減に書いておいても問題は発生しない。しかし一般貿易の場合製品単価に課税されるので製品単価をいい加減に記入しておくと税関の価格審査が入る。
    単価を証明出来る書類をきちんと準備しておく必要がある。
  • 製品単価が故意により操作されたと判断されると、罰金懲役が科せられる。
    ミスによるルール違反と判断されると、総額の5%ほどの税金の追徴がある。しかし故意による価格操作と判断されると、10年以下の罰金、脱税額の1~5倍の懲罰的追徴がある。過去の取引まで遡って調査が入る。同じ部品材料を加工貿易、一般貿易で輸入している場合、相互に融通使用していると税関検査が入った時に、数値が合わない場合が発生し得る。
  • 加工貿易手冊抹消のリスク。
    国内販売の比率が増えて来ると、加工貿易量が減少し、手冊のバランス差異を解消することが難しくなる。広東省の場合は加工手冊は重量で管理されている。重量で見ていると実感が湧かない。金額換算して毎月バランス差異をリセットする様管理しておかないと、長年かかって莫大な差異を積み残すことになる。通関士任せにしておくのは危険。企業数が多いため税関は毎年検査に来ることはない。しかし手冊バランスの差異を放置しておくとどんどん差異が累積する。
  • 通関士は万能ではない。
    関税ルールの改定を知らない(全工程の外注加工を外注登録出来る様になったのを知らない)
    納税が悪だと思い込んでいる(手冊ごとに納税し、バランス差額をリセットせずに次の手冊に繰り越し、巨額のバランス差額を発生させる)
    通関士のアシスタントは、通関知識なしにただ資料を作っている。
    各部署が勝手な判断で業務処理をしている(設計変更による単価改定は、設計、営業、財務は知っているが通関しに知らされていない)
    税関のフォーマットを勝手にアレンジした資料を作っているので、監査官の心証が悪くなる。
  • その他
    税関の代理として会計事務所が検査に派遣されることがある。このときの指摘を、会計事務所のアドバイスとして受け取り、放置しておくと税関の査察調査が入る場合がある。
    監査官がアンダーテーブルを受け取ったとしても、それは見なかったことにしてもらえただけ。過去の問題は解消されたことにはならない。
    手冊抹消リスクは撤退時だけでなく、吸収合併時も同じリスクがある。
    税関査察を偽った詐欺がある。査察官は必ず制服を着用し、通知書を持って来る。制服、身分証明書、通知書の3つが揃っていない場合は詐欺の可能性あり。

第十一回東莞和僑会
講演会の後は近所の海鮮中華レストランにて懇親会を開催しました。

今回は、大阪産業創造館と懇親会会場をSkypeでつなぎ、大阪の経営者の方々と交流をしていただきました。中国に進出する意欲を持った志の高い経営者様との交流は大変有意義でした。富田総経理、石野総経理の実践的なアドバイス・経験談は、東莞和僑会のメンバーにも多くの気付きを与えただろうと思います。
富田総経理の「目標だけを追いかけていると経営者のモチベーションが落ちる。経営目的を持つことが大事」と言う言葉が印象に残っています。
ぶれない経営目的、経営理念を持つことが重要だと私も再認識しました。

大阪-東莞交流会を企画してくださった大阪産業創造館の山野様のまとめが秀逸なので、こちらの記事【編集長の独り言】外国でこそ「日本的マネジメントに自信を持つべし、そして貫くべし」もご参照ください。

第十一回東莞和僑会

大阪産業創造館と東莞和僑会のSkypeミーティング

林@クオリティマインド の紹介

中国広東省にて品質改善・経営革新コンサルをしています.
カテゴリー: 議事録   パーマリンク

コメントは受け付けていません。