世界に羽ばたく「和僑」

FacebookTwitterGoogle+MixiYahoo BookmarksHatenaEvernoteSina WeiboQQ共有

2012年1月4日付の産経新聞に,和僑についてのコラムが掲載されました.
和僑会会長・筒井師匠への取材記事です.

香港の摩天楼を望むビクトリアハーバーの会員制クラブ。

 香港ビジネス界の“成功者”が集うこのクラブのメンバーに名を連ねる日本人経営者がいる。香港で建材などの輸出入を手がける太陽商事の筒井修会長(68)だ。

 筒井氏は平成11年に香港で起業、年商5億円規模の会社に育てた。同時に香港を本部に、世界20カ国・地域に広がる日本人起業家のネットワーク「和僑会」の会長を務める。

 「和僑」は中国経済のパワーを象徴する「華僑」をもじったものだが、個のつながりを強め、和を尊ぶ意味を込めて、日僑ではなく和僑と名付けた。

続きはこちら

林@クオリティマインド の紹介

中国広東省にて品質改善・経営革新コンサルをしています.
カテゴリー: コラム   パーマリンク

コメントは受け付けていません。